小熊麻紗子 作品集

~油絵とガラス絵の世界~

生きとしいけるものが

幸せでありますように

 

「いってらっしゃい」と

「おかえりなさい」が

きこえる絵でありたい。

そう願いながら描いています。

 

 

 

☆画像をクリックいただくと、大きくなります。

絹地油彩について

支持体(土台):オリジナル制作

        板+膠+白亜+絹

素材     :油彩

 

Base material : board + silk + glue + chalk  

 

                                     Technique      : oil painting

 

*絹地を用いた独自開発の支持体に描いた油絵を絹地油彩(造語)と名付けました。

油彩白描について

支持体(土台):オリジナル制作

        板+膠+白亜+絹

素材     :油彩

Base material : board + silk + glue + chalk  

Technique      : oil painting

 

*独自開発の支持体に描いた白い地を生かした油絵を油彩白描(造語)と名付けました。

 

 

 

 

ガラス絵について *より詳しくはコチラ

土台となる支持体(基底材)以外は同じ素材を使いながら、通常の絵画の描き方と正反対の工程で描いていきます。

板ガラスの裏から直接油絵で、サインは裏返しに初めの段階で描き、ハイライトや細かい部分も先に描いていきます。絵具層を乾かしながら5層から6層重ねていきます。背景は一番最後となります。

板ガラスの厚みと透過性で、絵具自体の色が艶やかに見えるため鮮やかな印象をうけます。